人間と自然の共存・共栄をめざして。

再資源化・燃料化

「5R」に習い、積み重ねる事で産業廃棄物を資源に。

収集した「産業廃棄物」は、大型の粉砕機やクラッシャーによって粉砕し、分別処理しています。
この分別された「産業廃棄物」は新たな資源としてリサイクルし、環境保護に繋げています。

環境保護に繋がる心得「5R」とは?

REDUCEリデュース(減らす・縮小する)、REUSEリユース(再生する、再利用する)、RECYCLEリサイクル(再生利用する)、REFINEリファイン(不純物を除く、精製する)、RECONVERT  to ENERGYリコンバート・トゥ・エナジー(エネルギーに再変換する)

分別・破砕処理によって、リサイクルしています。

廃石膏ボード・廃プラスチック類・木くず・パレット・紙くず・鉄くず・がれき類を回収→分別処理→破砕→リサイクル(がれき類からは「RC-30」「RC-40」を取出し、有効利用)